大人もかかる・・・手足口病

2020年9月15日日常

ノビ子
ノビ子
こんにちは!
ノビ子は子どもから手足口病が移り、かかってしまったことがあります。
どんな状態だったのか、回復するまで簡単に記録をつけていたので、こちらのブログで紹介したいと思います。
16日分です。

手足口病とは?

簡単に説明すると、夏に流行るもので、手、足、口に発疹が出る、
子どもがよくかかる病気です。

※病気に関することは、さまざまな小児科医の方がブログやホームページに記載しているので、詳しいことはそちらを見て下さい。

子どもの症状や診断

数日前

関係があるかどうかは分からないのですが、夜に突然、腕と脚を中心に蕁麻疹が出ました。
「あれ?プツプツ出てきてる?」と見ていると、どんどんプツプツが増えて行きました。
手足中心にプツプツしていたので、
「もしかして、手足口病じゃない??でもプツプツの感じが違うような・・・」
と、夫と話しているうちに、1~2時間後には何事もなかったようになくなってしまいました。
夜だったのもあり、症状や状態が変化していく様子を念のため病院で見せられるように写真を撮っておきました。

その翌日に、小児皮膚科に連れて行くと、「蕁麻疹」と言われました。
子どもも変わらず元気な様子でした。

その2日後

40℃近い高熱が出て、ぐったりはしていないけれど、ちょっと元気がなく、いつもより多く睡眠をとっている。そんな状況でした。食欲は普通にあり、いつも通りしっかり食べていました。
そして、いつものかかりつけの小児科へ。

診察してもらうと
「あ、喉にプツっとできてますね。これは現段階では診断はヘルパンギーナ。ここから手足にもプツプツが広がったら、手足口病に診断が変わりますよ。大人も移りますから注意して下さいね~。」
とのこと。
この時、医師には、ヘルパンギーナや手足口病は、口内炎が痛くて食事がとれなくなったりするので、
今、食事ができているなら、しっかり食べておいて、
食事が困難になったら、食べられるものを探して、ゼリーなどでも良いので食べさせ、
水分もとらせるように、と言われました。

この先、慌てて買い物に走る必要がないように、病院からの帰り道、ゼリー飲料やアクアライト(和光堂さんの子ども向けのポカリ的なもの。)を、ドラッグストアで多めに購入しておきました。

その翌日

平熱に戻りました。
膝の後ろや肘の内側にプツプツと出てきて、
「あ、これは手足口病だったんだな。」

医師から、食欲が落ちると聞いていたので心配していましたが、食欲はまったく落ちず、結局、いつも通りしっかり食べていました。

さらに翌日

プツプツはかさぶたのようになり乾いています。
保育園登園の目安としては、「解熱して、元気が良くなればOK」と言われましたが、
この日も念のため、お休みし、翌日から登園させました。

ゼリー飲料やアクアライト、購入したものの、結局出番なく終わりました。
子どもは最初に発熱した以外は、普段と変わりありませんでした。

そしてここからが私の手足口病の苦しみのはじまり

1日目

子どもを登園させて、私は普通に出勤しました。
日中、何だかちょっとだけだけど咳が出たけれど、気になるほどではありませんでした。
でも、帰宅すると、妙な疲れに襲われて、何だかちょっと喉も痛い気がして、
ちょっとおかしいかも、と思い、検温すると38度を超えていました。

2日目

翌日は微熱程度。
仕事に行けなくもないけれど、急ぎの仕事は特にないし、お休みすることに。
先日、子どもの手足口病でお休みしたばかりで申し訳なかったけれど、人に風邪移したら大変ですし。

喉の痛みがあり、扁桃腺や頚部リンパ節の腫れがあったので、耳鼻咽喉科で診察を受けて、薬をもらい、一日静養しました。

3日目

解熱、全身症状は良好!
喉の痛みはまだほんの少し残っている気がするけれど、飲み込みにくいほどではないし・・・と、1日しっかりと仕事へ行ってきました。

明日からはお休みだし、無理せずゆっくり過ごすようにしよう。

なんて考えながら夕食を食べていました。
でも、何だか食事をしていると口の中、尋常じゃない痛みを感じる、気がする。(←鈍くてすぐに「痛い!!」ってならなかったです。)
味も美味しく感じない。(今だったら、コロナを疑ったかもしれませんね・・・。)

私にしては珍しく、痛みで夕食を全部食べ切れませんでした。

これは扁桃腺の腫れとはちょっと違う感じがする・・・と思い、口腔内観察。
すると、見慣れた口内炎とは違う、白や赤のプツプツが口の中いっぱいに無数に広がっている

「大人も移りますから注意して下さいね~。」
という、小児科医師の言葉を思い出しながら、手足口病が移ったのかもと思い、手足を観察するも、発疹は見当たりませんでした。

4日目

口の中、喉の奥、とにかく口腔内が痛すぎて、食事はおろか、水分すらも取りたくない状態に。
でも、何か食べなくちゃと思い、私の大好きな小岩井の生乳ヨーグルトをひとくち。

めちゃくちゃ痛い。
もういらない。


「痛い」
これ以外のことはもう考えられません。

唾液を飲み込むのも辛すぎて、垂れ流し状態だけど、そんなこと、どうでもいい。
何より早く痛みから解放されたい。
そんな状態でした。

口の周りや手の指先にほんのりと発疹が出てきました。
特別に痛くもかゆくもありません。
口の周りは、小さなニキビが数個できて、それを潰したかのような姿になりました。
手の指先の湿疹は、押すとちょっと痛いような・・・?という程度の痛みでした。

5日目

人と会話するのも嫌。
痛みで水分も受け付けません。

すきっ腹に薬を飲むのは良くないと思い、痛みに涙しながらヨーグルトを少し食べました。

それでも少し固形物が食べたくて、調味料ナシのただのお粥を食べてみると、これが意外にもいけました。

勝手に「ヨーグルトが一番刺激がないんじゃない?」と思い込んでいたけれど、
お粥はヨーグルトよりも食べやすくて良かったです。

でも、口の中は痛すぎて拷問級です。

6日目

6日経過したけれど、水を飲むだけで死ねる口腔内の痛みは相変わらずです。

手の指先の湿疹は、押すとほんのり痛かったのもなくなりました。

やっと食欲が出てきて、何か食べられるものを探そうという気力が湧いてきたので、
色んなメーカーのプリンやゼリーを大量に購入してみました。

結果・・・
プリン→OK!卵も入っていて元気出る!
コーヒーゼリー→OK!これが一番平気!
フルーツゼリー→めっちゃ痛い。フルーツの酸味痛すぎる。

7日目

しっかりした食事が食べられない日が続いて、座っているだけでクラクラするようになりました。
食べたくない気持ちがずっと続いていたけれど、

カルボナーラのパスタソースを見ていたら、大丈夫なんじゃないかと思い、
夕飯にちょびっと食べて見ることにしました。

痛いけれど、思ったよりも大丈夫で、
前日より回復しているからなのか、食べ物の違いなのか、
フルーツゼリーを食べるよりは辛くありませんでした。

とりあえず、温かい食事にありつけたことがとにかく嬉し過ぎました。

8日目

発疹はほとんど消えて、顔の発疹のあとのかさぶたもほとんどなくなりました。

全身症状は良好で、体力は回復し、あとは口腔と咽頭の口内炎軍団だけ。

口内炎の数は減ったものの、深さを増したヤツがちらほら。

でも、激痛が走るものの、痛い場所が数えられるだけマシでした。

9日目

普通の食事ができそうな気がして、食べてみるものの悶えました。

10日目

普通の食事に戻りつつあるものの、食事をするのがまだ少し怖い感じでした。
仕事はここまでお休みしました。

11日目

久々の出勤。
普通の食事は少し怖いので、痛くなさそうな、軟らかくて塩気の少なそうなものを選んで食べました。
喉にある一番大きな口内炎だけがまだ辛い状況です。

それ以降の経過

14日目頃に手の指先の保身の出ていた部分の皮が浮き上がってきて、
15日目にやっぱり皮が剥けてきました。
16日目にどんどん剥けてきて、少し人に見せるのが恥ずかしい状態になりました。

これで終了。
と、思っていました。

爪がはがれる

ネットで見た情報では、手足口病になると後日、爪がはがれると書かれていましたが、
1か月後に、子どもは手の人差し指の爪、私は足の小指の爪がはがれました

爪がはがれるというと、とても痛いイメージでしたが、
既に下から新しい爪が出てきていたので、特に爪がはがれたことについては
見た目がビミョーなこと以外は辛くはありませんでした。

大人の手足口病まとめ

子どもにとっては何てことない夏風邪かもしれませんが、
大人にとっては辛すぎる手足口病。

この時から私は、
・食器を共有しない
・子どもの食べ残しを食べない
・子どもの唾液が少しでも付着したら徹底的に手洗い

この辺りを特に注意するようになりました。

2020年の現在は、コロナ禍で、皆さんより感染予防対策に注意されているので、
もしかしたら手足口病も例年ほど流行っていないかもしれませんが、
大人の手足口病はとても辛いのでご注意ください!
(今年は我が子たちもかかっていません。)

ちなみに、知人のご主人はお子さんから手足口病が移った時は、
足の裏に発疹がたくさんできて、数日立ち上がれなかったらしいです。

★ランキングに参加しています。よろしければ「のびのび育児日記」を応援して下さい!

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ